プロフィール

春日崎あおい

Author:春日崎あおい
個人サークル“PANIC CARNIVAL”で活動中の創作メインの同人作家

Pixiv

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/01 (Wed) 07:41
名探偵コナン&金田一少年の事件簿

※エイプリルフールネタではありませんw
61CEv4ChIIL__SS400_.jpg

名探偵コナン&金田一少年の事件簿をクリア致しましたww
DSって、推理ゲームに向いているのかもしれない・・・。
THE~推理も、DSのがやりやすかったし・・・ww
それにしても・・・、最近はサンデーVSマガジンのようなコラボが多いですねww
50周年とか言ってたっけ・・・?

以下はネタバレになるので、見たくない方はクリックしないで下さい まず、一言敢えて言おう!
このゲームの主人公は2人扱いですが、誰がどう見ても・・・
主人公は金田一はじめだと思います!!
美佐との関係も、日沖竜平との関係もありますし・・・w。
はじめサイドは最初からピンチなので、余計そう思いますww。

【コナンサイド】
阿笠博士がある神隠しともう1つの島のある夕闇島を調査する依頼を受け、一緒に付いて行く事になったコナンと灰原。そこに、突然乗り出した少年探偵団。結局、少年探偵団も連れて行く羽目になり、何故か呼んでもいないのに、毛利親子まで付いてきましたww


【金田一サイド】
中学時代の友人の鳥羽美佐から助けを求める手紙をもらったはじめ。美雪と剣持を連れて、鳥羽美佐を訪ねる為に夕闇島へ・・・。


1章の前半は金田一と剣持が2人で夜中の資料館を訪れた時、2人揃って姿を消し、
美雪は何の縁か、コナンサイドの集団に紛れ込みますww
そして、金田一達が行方不明の間、灯台で美佐が殺されてしまい、コナン達で解決する事に、
その真犯人と被害者の間のキーワードが「25年前の悲劇」!!

2章は金田一目線になり、いつもと違ってヤケに荒れた砂浜で目を覚ますはじめ。民宿も微妙に違い、灯台も手入れがされていない状態で、似ているようで微妙に違う風景・・・。極め付けは、美佐の住み込みの家が無くなっていて、古い住宅街に・・・。更に、資料館が炭鉱に代わっていて・・・・。
はじめは捕まった剣持と、日沖竜平から逃げだす間に、事件に巻き込まれる。
正直、この事件が解決した時は大きな最終話をやるまで知らなかった大きな勘違いをしていましたww。
※↓反転
1話の犯人が一ノ瀬恵子で被害者が鳥羽美佐で、2話の被害者が一ノ瀬恵一で犯人が鳥羽美鶴だったので、恵子が美佐を殺した動機が、自分の父親を美佐の母親に殺害された恨みだと思っていましたww。最終話で島の事情を知ってしまえば解る事なんですがねww

3章はコナンサイドに戻り、現代へ。帰りのフェリーに乗ろうとしたところで明智警視と遭遇し、上手く誤魔化しフェリーに乗らずに去ろうとした時、突然の爆破・・・・。一ノ瀬恵子は重症を負ってしまうのだった・・・・。更に予告状が次々にバラまかれ、コナンと灰原は目の前で海上レストランの爆破を目撃し、更にレストランの従業員から手紙を受け取り、資料館の爆破予告を知る。そこで二手に分かれたコナンと灰原は、中で仕掛けられた爆弾を発見し、コナンは博士の援護で解除に成功させるが、灰原は間に合わず、写映室側半分程が爆破されてしまう。そこに現れたカメラマンの笹山徹がある目的でこの島の謎を調査している事を知り、彼は資料館の管理者であり、夕闇島の5人の有力者の1人である木本陽司に目を付けていた・・・。そんな中で、2人の爆弾魔と殺人事件が交差し、笹山徹は命を落とした後、爆破で遺体ごと焼失してしまうのだった・・・。
こんな事件があった中、資料館を調査しに行った少年探偵団3人は夜の資料室の地下で、金田一たちと同じく神隠しに遭ってしまう。
そして、事件解決後、本当の爆弾魔の手により、木本陽司が誘拐されてしまった・・・。

4章は金田一サイドに移り、炭鉱が休暇日だった為、剣持と2人で美鶴に会いに行くが、美佐について何か知っていそうで話してはくれず、静かな25年前を再現した島をうろついていると、小さな記憶喪失の女の子を発見する。彼女はある事件がきっかけで記憶を閉ざしているのだとか…。
そして、そんな中住宅街で発見したひき逃げ殺人事件。剣持は日沖にその事件の容疑者にされてしまい、更に抵抗するとプロレスラー並の体格の沖田が襲ってくる。
そんな中、突然少女が行方不明になり、探していると、少女は神隠しに遭った少年探偵団と友達になっていて、元太と光彦が金田一に掴みかかる不思議な光景が・・・www。更に、少女は自分の名前を坂下ゆう子というのを思い出し、彼女自身も神隠しに遭った被害者だった事が判明し、更にひき逃げ殺人を目撃していた事も知る。この事件を追っている中、元太とゆう子はいい感じな雰囲気になり、見ていられない空気にww
事件解決後、日沖は炭鉱の地下で金塊の欠片を発見した少年探偵団を監禁してしまうのだった。

5章はコナンサイドに移り、木本が誘拐されたロハージュで日沖町長が主催するパーティーが開かれる事になり、コナンはどうしても有力者の顔を見る為に、早苗さんからもらったチケットで毛利小五郎と七瀬美雪と一緒にパーティーに参加するものの、中には入れてもらえず、明智警視のコネでなんとか中へ・・・。そこで、有力者の水川助吉と土田文子と遭遇する。更に、木本陽司以外にも火野隼人が既に神隠しに遭っている事が判明する。
そんな中、水川の息子と、土田の長女が同時に殺害される事件が発生。個人的にこの殺人トリックは複雑で面白かったと思いましたww。
そして、犯人は日暮という男の指示で殺人を行ったと言うと、水川助吉と土田文子の顔色が変わる。そんな中出てきたのが、ウエーターの浅見京太郎。そう・・・彼こそが爆弾魔の正体だったのだ・・・。そして、閃光弾で目くらましをし、水川助吉と土田文子は神隠しに遭ってしまった。
しかし、コナンはここで金田一への連絡手段として、自分の探偵バッチを誘拐される目前に水川の服のポケットに忍ばせるのだった。

6章は金田一サイドから始まり、日沖から少年探偵団は無事だという事を聞かされ、更に島の町長である三井清に会わせてくれるという・・・。金田一と剣持は日沖に従い付いて行くと、他の住宅とは比較にならないくらいの派手な豪邸へ案内される。しかし、そんな時・・・。三井夫妻の姿はなく、更に外では炭坑作業員達が暴動を起こし始めていた。数時間後、あまりにも到着が遅いので気になった金田一達は日沖の許可を取り、屋敷内を散策し、隠し部屋を発見する。しかし、そこの扉は閉まっていて、三井町長は出てこようとしない・・・。やむを得ず、日沖は隠し部屋のカギを三井の部屋へ探しに行き、その戻るまでの間に三井の悲鳴が聴こえ、日沖の持ってきたカギで中に入ると、そこには三井町長と思われる人物が倒れていた。そして、事件を調べている中、島の住民が全員多額の借金を抱えていて、その借金を帳消しにする事を条件で島内で働かされている事を知る。
そして、金田一達は婦人の姿も居ないのが気になり、三井和子を探しだそうとすると、中庭の小屋の中で1人の女性が縛られているのを発見する。正直、その女性が現れた瞬間、金田一サイドの事件の異変を感じましたww。なぜなら、三井和子が発見されると思われていた所に出てきたのは・・・・・・・。夕闇島5人の有力者の1人でコナンサイドで神隠しに遭ったばかりの「土田文子」だったのだから!!土田の意識を回復させた金田一達は、日沖を見た土田の反応に違和感を感じる。「若い頃の日沖町長そのもの」だと。日沖が若い頃の町長なのは察しが付いていたのだが、下の名前が違うので、日沖との関係は気になっていた・・・。
更に、三井清の身体から、探偵バッチを発見した金田一はコナンから、殺害されたのは水川助吉だと知らされる。
そして、金田一はコナンに頼み、日沖町長の自宅から何か情報を引き出させてもらう様に依頼すると、「双子島」というキーワードが飛び出した。つまり、夕闇島と25年前を再現した島は形がそっくりの裕福になった島と滅んだ島ということ。
更に、犯人を追いつめた後、金田一は咄嗟に中庭の小屋に逃げると、そこには美鶴の姿が・・・。
そして、美鶴から自分の正体が「鳥羽美悠」ということを教えられ、そんな中、日沖は浅見の作った時限爆弾を金田一に仕掛けるのだった。

7章:コナンパート
スポンサーサイト

<< すっごい!アルカナハート2 | ホーム | ルパン三世VS名探偵コナン >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。