プロフィール

春日崎あおい

Author:春日崎あおい
個人サークル“PANIC CARNIVAL”で活動中の創作メインの同人作家

Pixiv

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/11 (Thu) 05:48
とらドラ!8巻

いやぁ、やっととらドラ!8巻が読み切れましたw
というか、コミケやリトバス!や父親の入院で中々読める時間が無くてですねぇw
やっと今日読み切りました 感想としては、7巻以上にツライ展開でしたw
7巻は非常に切ない話で特に俺の嫁・みのりんは見ていられないくらい沈んでいた上に
竜児が告白される直前で振られる始末ww

今回は修学旅行編なのですが、いやはやとんでもない事態になったモノですw
6巻で兄貴に振られた後、いい感じになりだした大河と北村だが、
7巻でみのりんは大河は北村が好きだと嘘を付いていると言い張り、
大河と竜児をくっつける為に、竜児を振るが、
竜児はショックで冬休み中ずっと入院。
大河は竜児が退院してから、高須家に来なくなった。
大河はみのりんの誤解を解く為に、竜児と距離を置く事にした。

しかし、離れていく大河が今度は竜児が惜しくなる。
大河は自分に気を使ってない本音のみのりんの気持ちを確かめさせるために距離を置く。

そんな中、修学旅行先が沖縄から、雪山スキー合宿になってしまいましたww
北村は班分けで、お馴染みメンバーで組む事に
男(北村・竜児・能登・春田)&女(大河・実乃梨・亜美・木原+1名)

大河はこの修学旅行で竜児と実乃梨を上手く行かせるべく、
亜美を協力者に引き入れる事にしたが、
全てを知った亜美は、竜児をバカにする発言をし出した。
ついに大怪我を負った・・・と。
大河と竜児にとって、亜美に話した事がとんでもない事を引き起こす事になるのだ。

そして、旅行当日のスキーでは・・・
竜児と大河はシロート同然で初級扱いww
大河に至ってはソリでこけるww
それに対し、実乃里は春田達と上級者コース。
北村は亜美・能登・木原と中級者コースへ。
大河に上級者コースに行くように言われるが、
足を引っ張って迷惑をかけるのが嫌な為、大河と2人いつものように口喧嘩を始め、
そこに北村の喧嘩を止める声が聞こえ、振り向く2人。
なんと、別の場所でも喧嘩が勃発していたのだ。
能登VS木原。
よりにもよって、とらドラ!ではモブに近いキャラ2人が大喧嘩になっていた。
その喧嘩の原因は北村が絡んでいた。
木原は北村に興味があって、一緒にリフトに乗って写真を撮ろうと考えていた。
能登は、そんな木原の尻に敷かれたのがシャクに触ったのだ。
あとで能登から詳しく話を聞くと、
能登は北村と大河がくっつく事を応援していて、それを横取りしようとした上に図々しい態度の木原が気に入らなかったのだ。
逆に、木原は北村に興味があり、大河が竜児とくっつけば、万事解決と思っている。

能登と木原の喧嘩が原因で班内の男女間に亀裂が入り、竜児は実乃梨に近付きにくくなったと思った直後、
1人になった竜児に実乃梨から話しかけてきたのだ。
能登と木原の仲裁をしたいという理由と、誰よりも大河と竜児を断固くっつけたがる理由でw
そして、会話をしていて、竜児は思い知った。実乃梨の本性を・・・。
傲慢でずるがしこいという性格を・・・。

先に部屋に戻った竜児を心配した野郎共は、竜児から実乃梨の事聞かされ、
それを黙っていられなかったのは、竜児の一番の親友の北村だった。
男4人は女子部屋に強行突破する事になり、特に能登は木原との一件がありやる気満々だった。
しかし、タイミングが悪く、カギが開いているのに無人で、大河が1人こそこそとしているだけだった。
そんな中にタイミング悪く女子が入ってきて、慌てて押入れに隠れる野郎4人と大河。

ここで、亜美が予想外の行動に出たのだ。
突然、竜児の事を持ち出し、実乃梨を挑発しだした。
実乃梨と亜美の間にやばいくらいの冷たい空気が走る中、
木原達はあわてて仲裁に入り、能登が全部悪いという事で収め、部屋を出たのだったwww

翌日、かまくら作りをしている竜児と亜美。
亜美は、嫉妬と苛立ちを心に秘めつつ、竜児を挑発し始め、そんな中にソリでこけた大河と一緒にいた実乃梨が突っ込んできた。
すると、亜美の怒りが有頂天に達し、実乃梨に向かって暴言を吐きだしたのだ。
実乃梨もついにブチキレ、ここに実乃梨VS亜美の喧嘩が勃発してしまった。
体力的に不利な亜美は劣性ではあったか、口論の内容が尋常ではなく、言ってはいけない事まで言ってしまっていた。
そんな中、竜児が実乃梨にプレゼントするハズだったヘアピンが取れ、それに気付いた大河は1人でヘアピンを追って行方をくらまし、竜児が「大河がいねぇ」と言い出した途端に、実乃梨は血相をかかえて、大河を探す事に・・・。

結局、大河は北村におぶられ、病院へ運ばれた。

いやぁ、やばすぎです。今回は!!
どうやら、あるキャラが動かないとどうしようもない展開らしく、今後の展開が楽しみだが・・・。
実乃梨や竜児はこの後どうなっちゃうんだろう・・・。
ついでに、大河を引き取った母親って・・・(^^;
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

<< ポケットモンスター・プラチナ | ホーム | リトルバスターズ!やり込みプレイ中 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。