プロフィール

春日崎あおい

Author:春日崎あおい
個人サークル“PANIC CARNIVAL”で活動中の創作メインの同人作家

Pixiv

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/05 (Sun) 05:01
パブリックモラルパニックス・格闘ゲーム化(妄想)計画①

最初に言います。あくまで私の妄想ですw

中途半端に終わらして未練が残ってしまった小説でしたので・・・、気分転換によくやる事ですw
あの作品は、2期が余計だった事が第一でして、2期を作りたかったきっかけは、
紅蓮と豹牙をみたいなキャラが作りたかったからなんですよねww
おかげで中途半端で終わってしまった・・・orz
正直、暇があったら、設定を一から組直して作りなおしたいくらいです・・・w

とまぁ、さておき。ふざけて格闘ゲームにしたらどうなるか、
技表とストーリーだけですが、作ってみました。あくまで気分転換でww
興味ない人は↓をクリックしないで下さいw 河原あおい編

攻撃力:A
防御力:D
スピード:B
扱いやすさ:A

あおいは、素早い動きと高い攻撃力で相手との力の差を一気に広げる事が出来る上、扱いやすいスタンダートタイプキャラだ。しかし、欠点は低い防御力をどうカバーしながら闘うかが、カギだ!

・キャラカラー
弱P:白服&赤ネクタイ&青スカート
弱K:白服&黄色ネクタイ&赤スカート
中P:黄緑服&紫ネクタイ&緑スカート
中K:黄色服&橙ネクタイ&茶色スカート
強P:薄水色服&薄黄色ネクタイ&青スカート
強K:薄桃服&白ネクタイ&赤スカート

【投げ技】
地獄車 至近距離で←or→+強P
相手を掴み、そのまま後転しながら、巴投げをするちょっと派手な投げ技
膝地獄 至近距離で←or→+強K
相手を掴み、膝蹴りを数発叩き込む技。ボタン連打でヒット数とダメージがアップ
地獄風車 空中で至近距離で←or→+強P
空中で相手を掴んで地獄車
【特殊技】
鬼砕踵蹴 →+中K
相手の頭目がけて踵落としをする技、中段技の為、しゃがみガードを潰せる上に、そのまましゃがみ中キックへ繋がる
【必殺技】
水龍拳 ↓\→+P
片手で水が詰まった重い気を放つ。隙はリョウの青龍拳より大きいが、攻撃力が高め
氷龍天昇拳 →↓\+P
相手を凍らせながら左手で強力なジャンピングアッパーを喰らわせる。出掛りに無敵時間があり、弱で出せば非常に高性能の対空技になり、強はクリーンヒットで7HITと破壊力も抜群。あおいの主力とも言える技。
駿龍連脚 ↓/←+K(空中可)
飛び跳ねながら、相手に三段の蹴りを喰らわす技。高さ的に大概の飛び道具を飛び越せる。
龍華脚 空中で↓\→+K
ジャンプ高度を無視してそのまま斜め下に蹴りを出す技。空中奇襲や連続技に便利なので、相手の位置次第で変えてみるのもよい。
【パージドライブ】
鬼哭水龍拳 ↓\→+PP
ゲージを1本消費し、繰り出す強力で巨大な水の塊を相手に飛ばす。
九頭龍天昇脚 ↓/←+KK
ゲージを1本消費し、無数の蹴りを喰らわせた後、氷龍天昇拳に繋ぐ乱舞技。ローキックからスタートする為、非常に出が速く扱いやすい。基本的に、ゲージはこの技を中心に使おう。
【パニックカーニバル】
鬼の拳 ↓\→↓\→+PP
ゲージを3本消費する大技。普段、禁じ手として封印している右手を使った強力な正拳突き。一撃で相手の体力の半分近くを奪うが、出が遅い為、狙って撃たないと簡単に避けられてしまうが、攻撃判定が消えるまでは完全無敵でガード不能技という性能を上手く活かせるかがカギである。

ストーリーモード

【オープニング】
あおい「なんだろう・・・嫌な気分がする・・・胸騒ぎというのかな・・・」
あおい「血が騒ぐ・・・嫌な感じだ・・・。一体、何が起こっているんだろう・・・」
あおい「この気配を追って行けば、何か解るかもしれない・・・」

【4人目戦前】
・VS美雪
美雪「河原先輩!何処に行くのですか!?」
あおい「み、美雪ちゃん!?・・・えっとねぇ・・・ちょっとトイレに・・・」
美雪「ウソです・・・。河原先輩、いつもより深刻そうです・・・」
あおい「そ、そんな事ないよ・・・」
美雪「私、先輩の力になりたい・・・。だから、私も・・・」
あおい「・・・美雪ちゃん、悪いけどここから先へは行かせられない・・・かな」
【4人目戦後】
あおい「ごめんね、美雪ちゃん。出来れば手荒な真似はしたくないんだ・・・」
美雪「・・・どうしても、話せない事情なんですね・・・。仕方のない事です・・・」
あおい「・・・本当に誰も巻き込みたくないんだよ・・・。悪く思わないで・・・ね」
美雪「解りました。私、先輩を信じています・・・。お気をつけて」
【乱入戦前】
・VSサヤ
サヤ「この先の財宝は全部、あたしが貰ったぁー!」
【7人目戦前】
・VSEXカイ
カイ「ここから先は手加減出来ません・・・。出来ればお帰り頂きたいですね」
【8人目戦前】
・VSリョウ
リョウ「よぅ、あおい。お前、あいつの所に行くんだろ?」
あおい「リョウ・・・。解っているなら退いてもらえるかな?これはあたしの問題なんだ・・・」
リョウ「なんでも1人で背負おうと思うなよ。俺達仲間じゃないか・・・」
あおい「・・・仲間だからこそ・・・、言えない事だってあるんだよ!」
【8人目戦後】
リョウ「いててぇ・・・。ここまで強かったなんてな・・・」
あおい「リョウ、悪いけどもう・・・帰って・・・」
リョウ「・・・らしくないな。いつも冷静なお前らしくないよ」
あおい「・・・っ!」
リョウ「気をつけろよ・・・。感情に身を任せていても何も解決はしないぜ・・・」
【9人目戦前】
・VSゴードン
凛「ここから先へは誰も通すなと、生徒会長様から命ぜられています」
あおい「そうは行かない・・・。力ずくでも通させてもらうよ!」
凛「か、河原あおい!!貴女が来るとは・・・。だったら、絶対通せませんね!ゴードンさん!!」
ゴードン「力ずく、言うなら。おれ、倒してみろ」
【9人目戦後】
ゴードン「うぅ・・・、痛い。痛い、凛・・・」
凛「ゴードンさん!!しっかりして!!」
あおい「悪いけど、こっちも急いでいるんだ。先へ行かせてもらうよ!」
【ラスボス戦前】
・VSジン
ジン「やれやれ、君がここまで辿りついてしまうとはね」
あおい「志村ジン・・・、やっと見つけた・・・。アンタ、今まで何をしてきたの!?」
ジン「フフフフフ・・・。ちょっとした余興さ。あるクローン人間の実験に成功してね・・・」
あおい「く、クローン!?」
ジン「アレを見たまえ!」
あおい「あ、あれは・・・あたし!?ど、どういう事!?」
ジン「そう、あれこそは君の血液から生み出された最強のクローン戦士だ!」
あおい「なるほどね、この胸騒ぎの原因は全てコイツがあったから・・・か」
ジン「私はあの子さえいれば何も要らない・・・オリジナルの君にはここで死んで頂こう!」
【ラスボス戦後】
ジン「ぐっ、バカな・・・。この私が倒されるだと!?」
あおい「あんたは悪い夢を見てたんだよ・・・。クローン人間なんて、価値はない・・・」
ジン「冗談じゃない!彼女は私の傑作なのだ!私にとって最高の玩具なのだよ!!それを・・・ぐはっ!」
あおい「・・・・っ!」
龍華「誰が、玩具だ?このゲスが・・・」
あおい「ちょっと待ってよ!?何処に行くの!?」
龍華「場所を移すだけだ・・・。着いて来なよ。オリジナル・・・」
【隠しボス戦前】
・VS龍華
あおい「ここは・・・あたしの好きな草原・・・」
龍華「・・・そっか。この場所好きなんだ・・・。やっぱり、あたし・・・。アンタのクローンなんだね」
あおい「それで?君はあたしに何の要求があるのかな?」
龍華「・・・あたしの身体、もうそんなに長くはもたないんだよね・・・。だから、せめて・・・アンタに倒されて力尽きたいなぁって」
あおい「・・・そっか、いいよ。悔いが残らないように思いっきりやろう!」
【エンディング】
龍華「見事だったよ・・・オリジナル」
あおい「君の方こそ・・・。やっぱりクローンってだけあって、闘い方が似てるのかな?」
龍華「そうだね。・・・ありがとう・・・オリジナル。・・・いや、河原あおい」
あおい「りゅ、龍華!?」
龍華「言ったでしょ。作りもののこの身体はもう限界なんだって・・・」
あおい「・・・龍華」
龍華「そんな辛そうな顔しないでよ・・・。でも、もし作りものの身体じゃなかったら、寿命がもっと長かったら・・・貴女の妹になりたかったなぁ・・・」
あおい「あはは、もしそうなったら、最高の姉妹になれるよね・・・あたし達」
龍華「じゃぁ・・・ばいばい・・・あおい」
(龍華は力尽きた)
あおい「・・・龍華・・・。あたしも君の様な妹が欲しかった・・・よ」
リョウ「お~い、あおい!探したぞ」
あおい「リョウ・・・」
リョウ「お前、泣いてる・・・のか?」
あおい「ち、違うよ。これは汗・・・。さっき、汗だくになるまで動いたから・・・」
リョウ「・・・そう・・・か」
あおい「それより、ちょっと手伝ってくれるかな?この子にお墓を作ってあげたいから・・・」
リョウ「・・・・あぁ・・・」
数日後・・・
あおい「はい、君達。校内でタバコは吸っちゃいけないって言ってるでしょ。これは、後で職員室に預けておきます」
不良A「す、すみませんでしたぁ!!」
カイ「いやぁ、相変わらず手厳しい方ですね」
リョウ「でも、あの日以来、表情が柔らかくなったよ・・・」
カイ「そうですね・・・」
リョウ「特に、笑う時は本当に素直に笑う様になった・・・な」
あおい(龍華、見てる?あたしは君の分までめいっぱい人生を楽しんでるよ・・・。だから、安らかに眠ってね・・・)
スポンサーサイト

<< パブモラ格ゲー化計画(妄想)② | ホーム | CLANNAD アフターストーリー 第1話「夏の終わりのサヨナラ」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。